新卒者

​​​​​​​​​​​弊社には大きなビジョンがあります。この先5年で、利益を2倍にしたいと考えています。極めて野心的です。しかし、その原動力と野心が今日の弊社をつくりあげてきたので、今、その勢いを落とす気はありません。そのような野心的な目標を持つということは、世界中のトップクラスの技術を持った新卒者を熱望しているということです。あなたがその一人であるなら、その潜在能力を十分に発揮するために必要な、最高のサポートに満足いただけるはずです。

 

IMI Critical Engineering新卒者向けプログラムについて

弊社が提供する2年の大学院課程に参加していただける世界クラスの技術系新卒者を募集しています。IMI Critical Engineering新卒者向けプログラムは、3つすべてのIMI事業部に共通した構成に沿っていますが、IMI Criticalの事業部特有の要件に適合しています。 IMI Critical Engineeringは、厳しい運転環境下で使用されるカスタムメイドの、高い技術が施された流量制御ソリューションの提供に関して、過去50年にわたって世界をリードしてきました。2020年までに事業を2倍にするという弊社の野心的計画と相まったこの技術的遺産と専門性があるため、IMI Criticalでのキャリアはエキサイティングでやりがいのあるチャンスになるはずです。

弊社の野心的成長計画の実現を支援してくれる技術系新卒者を募集しています。機会を最大限に活用するためには、必要に応じて、お住いの地域内を容易に動ける状態である必要があります。その見返りとして、入念に計画されたプログラムを期待することができ、やりがいのある職業の紹介や公的機関による学習機会を得ることで、自身の技術的スキルや、営業から問題解決および効果的コミュニケーションといった一般的なビジネススキルを向上させることがきます。   

IMI plcの新卒者向けプログラムの詳細情報と申し込みの方法、さらに、最近の技術系新卒者のストーリーについても、IMI plcウェブサイト で確認できます。このサイトを確認いただければ、IMI Critical Engineering新卒者向けプログラムで何が得られるのか理解できるはずです。

​IMI Critical Engineeringは、2019年採用プログラムをローンチさせ、以下の国において新卒者を募集しています。


弊社が提供するもの

弊社のプログラムではまず、最初の4週間、英国バーミンガム本社にてすべてのIMI技術系新卒者を対象にトレーニングを行います。その後、実際にビジネスニーズに基づいてやりがいを感じられる経験や養成の機会が得られるように慎重に決められた配属先で、12か月間の実地研修が2回行われます。最初はお住いの国内において、2回目は他のIMI Critical地区に配属されます。プログラム全体を通して、各配属先から知識やスキルを獲得して次に活かすことができるように、ガイドラインが用意されています。  

職務には4つ種類があります。多くの場合、最初の配属はプロジェクトエンジニアリングまたは新製品開発で、2回目の配属はお客様と接する機会のあるアプリケーションエンジニアリングまたはプロジェクトマネージメントです。  

  • プロジェクトエンジニアリング:
    お客様に製品を届けるのに必要な、詳細な技術的見地に関わる職務です。技術的クラリフィケーションの打ち合わせが必要な場合にお客様を訪問することもありますが、この職務はほとんどお客様に接することはありません。

  • 新製品開発:
    この職務は、エンジニアリングや開発チームとの仕事が主になりますが、お客様と接する機会もあります。設計、プロトタイプ試験、新製品の適正確認、ならびに、計算ツール、トレーニング、ドキュメンテーションの開発に関する技術的サポートも職務に含まれます。市場、産業、顧客のニーズ/トレンドを理解し、次世代製品の開発をするために、市場分析、顧客分析の実施にも関わることもあります。

  • アプリケーションエンジニアリング:
    アプリケーションエンジニアリングの目標は、弊社の技術的優位性を活かし、お客様が弊社の製品を選ぶことにより、お客様側の仕様を更に良いものにしていただくことです。それを実現するために、販売前の営業活動でお客様を重視し、全くバイアスのかかっていないアプリケーションサポートを提供し、営業担当者に教え込みます。お客様に、製品の技術的優位性について説明するために、お客様を訪問することもあります。

  • プロジェクトマネージメント:
    プロジェクトを受注した後は、プロジェクトマネージメントがお客様との窓口になります。プロジェクトマネージメントは、プロジェクトの納品がスケジュール通りに予算内で行われるようにします。いかなる問い合わせ、文書、納品、試運転、その他プロジェクトに関連する詳細事項に関しても、お客様と連絡を取ります。


さらに、配属先での学びを補強するコアとなる知識および態度があります。それは、安全衛生、弊社事業への理解、事業にはエンジニアリングが不可欠であることの理解、効果的なコミュニケーション、問題解決能力、自身のキャリア開発に対する責任感などが対象です。 

キャリアパス

​​新卒者の声

​​
Jessica
​「私は新卒のエンジニアとしてIMI CCIで働いており、世界各地に行っていろいろなことを学べる機会が持てたことに感謝しています。2016年にカリフォルニアに転勤し、1年間にわたってオイル&ガス産業や火力発電産業向けの条件が過酷なサービス機器の複数の設計プロジェクトに携わりました。それ以降は、イギリスやポーランド、チェコをはじめいくつかの国に出張し、今は年内いっぱいオーストリアのウィーンを拠点として、エンジニアリングやインサイドセールス、製造における複数のプロジェクトについて学び、サポートできるよう頑張っています。すべての人に平等に機会を与える会社で働いていること、そしてさまざまな分野や経歴の人たちと力を合せて仕事ができることを誇りに思っています。この経験とキャリアは、私がエンジニアとして、さらに女性として成長するうえで役に立っています」​

Maria
「高校のとき、数学や物理に興味がありました。友達のほとんどが私ほどの興味を感じていませんでしたが、私はいつもエンジニアリングに惹かれていたんです。エンジニアリングを専攻するかどうか決めなければならなくなったとき、やってみることにしました。というのは、工学で良い成績を収めることを考えたとき、それが機械工学の勉強を始めるにあたってモチベーションとなったからです。学士号とエネルギー工学の修士号を取るために何年もずっと勉強した後、IMIという素晴らしい会社で働く機会に恵まれました。自分の仕事が大好きです。会社では新卒として、ドイツのIMI Bopp & Reutherでたくさんのことを学んでいるところです。エンジニアリングだけでなく、セールスについても学ぶことはたくさんあります。自分が大きく成長していると感じるので、このプログラムにはとても満足しています。このまま仕事を続けて、この素晴らしい会社の一員として頑張っていければと思います」​

​応募期限と詳細情報

申し込み方法、弊社が期待すること、そして、提供するパッケージについての詳細は
www.​imiplc.comにてご確認ください。


最新ニュース

従来の常識にとらわれないオイル&ガス産業のための卓越したサポート
2019年7月01日
INWED19
2019年6月17日
IMI CCI、DUG Rockiesカンファレンスでチョーク弁を紹介
2019年6月04日
IMI Critical Engineeringの部門マネージングディレクターにJackie Huが任命される
2019年3月07日
Roy TwiteがIMI plcのCEOとしてMark Selwayの後任に
2019年3月05日
IMI Critical、Safety Summitを開催
2018年9月21日
フィールドサービスエンジニアの安全を守る新しいHSEハンドブック
2018年8月10日
安全第一のIMI Critical
2018年7月31日
IMI InterAtivaのシリーズRKバルブがの耐火認証を取得
2018年7月24日
IMI CCIが地域のVPP Safety Summitに参加
2018年6月08日
ルーマニア最大手のお客様がIMI Remosaを推奨
2018年5月10日
IMI Criticalのバックオフィス機能がリーン方式でより効率的に
2018年5月04日
流動接触分解アプリケーションに遮断弁を採用
2018年4月30日
IMI Critical韓国支社、世界クラスのLEANパフォーマンスまであと一息
2018年4月27日
IMI役員らがIMI Criticalの事業を視察
2018年4月25日
IMI STIの新しいポジショナー ソフトウェアツール
2018年2月08日
緩みのないスコッチ ヨーク機構の導入開始
2018年1月16日
IMI Critical韓国、ヨーロッパでアクチュエータ販売の許可取得
2017年9月20日
IMI Criticalが韓国Doosan社の「年間最優秀サプライヤー賞」を受賞
2017年9月19日
100人目のバルブドクターがIMI Criticalのプログラムを修了
2017年9月13日
IMI Criticalのカリフォルニア施設が最高レベルのHSE認定を取得
2017年9月12日
高耐久性アクチュエータを発表
2017年4月21日
AB6350弁を発表
2017年4月06日
100DPC Multi-trimを発表
2017年3月17日
840GS制御弁を発表
2016年12月22日
ADIPEC 2016でIMI Criticalの新技術を展示
2016年10月25日
4カ国で新卒者がIMI Criticalに入社
2016年9月22日
ノルウェーで開催のONS 2016にIMI Criticalが出展
2016年8月16日
IMI Critical、中国プラントを青浦区に新設
2016年7月27日
IMI CCI韓国、2,000日連続「損失時間事故」ゼロ達成
2016年7月25日
ボンのロシア経済局がIMI Z&Jドイツを訪問
2016年7月11日
IMI Z&Jデューレンが近代的オフィスに移転
2016年7月08日
IMI Critical Engineering、MRC Solberg & Andersonと戦略的パートナーシップを締結
2016年4月05日
IMI Way Day 2016の日程を発表
2016年3月01日
NEW IMI Eye - 第4版
2016年2月26日
IMI Criticalが中国のビジネス拠点を集約
2016年1月20日
IMI CCIスイスが新世代安全弁の認証を取得
2015年12月18日
IMI CriticalがDragonチャレンジに立ち上がる
2015年11月30日
IMI STIが新製品のCRCC承認を取得
2015年11月24日
IMI Truflo MarineがEngineering Technology and Innovation Exhibition 2015に参加
2015年11月23日
IMI CCIスウェーデンが3大陸における新規契約を獲得
2015年11月23日
IMI Critical Engineeringが新しい石油化学部門トップを任命
2015年11月05日
IMI CCIチェコが「Safe Enterprise(安全な企業)」の認定を取得
2015年11月03日
IMI Criticalが中国における90mRMBの投資を発表
2015年10月29日
IMI CCI SriCityが地域安全賞を受賞
2015年10月27日
アバディーン新施設のグランドオープニングに主要顧客が出席
2015年10月23日
IMIグループ会社、お客様のために「一丸となって取り組む」
2015年10月02日
IMI CCI Sri City、NTPCの承認を取得
2015年10月01日
IMI Critical Engineering、Valve World Expo Asiaでイノベーションを披露
2015年9月28日
NexenがIMI Ortonを表彰
2015年9月25日
IMI Critical Engineering、ジュバイル修理センター新設を祝う
2015年9月23日
IMI CriticalとIMI Precision、Valve World Expo+Conference Asia 2015で協力
2015年9月21日
IMI Critical Engineering、新しくジュバイル修理センターを開設
2015年9月18日
IMI CCIインドが初の1050MWタービンバイパス弁を製造
2015年5月20日
IMI Critical Engineering、史上最高額の契約を獲得
2015年2月18日
新しいヒューストン施設がオープン
2015年2月12日
IMI Critical、Bopp & Reutherの買収を完了
2015年1月02日
IMI Critical、 Valve World 2014で全ブランドを披露
2014年12月11日
IMI STI、イタリアのプラントを2倍に拡張
2014年10月20日

お問い合わせ先

この機会を十分に活かしてほしいので、質問がある場合は遠慮せず、下記、弊社チーム宛てにEメールをお送りください。

IMIGraduates@tmpw.co.uk
新卒者