ガスプラットフォームにおける設置ベースの維持

IMI CCI、他社との過酷な競争に勝って中東の海洋ガスプラットフォームの設置ベースを維持

​​ 

お客様:LNG生産企業
地域:中東


課題

中東の天然ガス田は、世界の天然ガスの大部分を供給しています。IMI CCIは、さまざまな大手エンドユーザーが所有するプラットフォームに設置されたチョーク弁を通じて、同地域におけるガス生産で確固たる足場を築いています。
世界に名だたる中東有数のこの液化天然ガス(LNG)生産企業は、LNGプラントに多数のIMI CCI製チョーク弁を設置しており、ガス田のひとつで貯留槽の圧力が低下するという問題を抱えていました。生産を維持するため、同社はチョーク弁をアップグレードして必要な生産量を満たさなければならず、相当な数の弁を交換するため公開入札を行うことになったのです。入札には大手のチョーク弁メーカー各社が参加し、競争は激化することが想定されました。​​

解決方法

IMI CCIのチームは競争の情勢を十分に把握しており、設置ベースを維持するために勝たなければならないプロジェクトであると考えました。そこで、チームはカスタム仕様の高容量チョーク弁を開発。これなら流量の要件を満たし、既存のバルブ寸法にも合います。
入札プロセスの性質上、競争は避けられないため、IMI CCIのウィーンのチームはチョーク解体ワークショップの知識を応用して100DPC設計を改造しました。100DPC設計への変更には、圧入式のタングステンカーバイドプラグ、使用するタングステンカーバイドの数量の削減、新しい設計に関して地域のサプライチェーンが対応できるようにすることなどがあります。
チョーク解体ワークショップで得られた知識を応用して競争力の高い製品を提供したことや、顧客との強力な関係が実を結び、最終的にプロジェクトを成功に導きました。​


販売に関するお問い合わせ

南北アメリカ

imiccisales.americas@imi-critical.com​​​

アジア太平洋​
中国
ヨーロッパ​
インド
中東・アフリカ
その他の地域​

PDFのダウンロード

​> IMICCI_CS01018.01-17en_Ext_AW_Dig.pdf

ガスプラットフォームにおける設置ベースの維持