発電所におけるタービンバイパス弁の交換

IMI CCI、中東の発電所で競合他社製タービンバイパス弁に代わる製品の納入契約を獲得

​​​ 

お客様:発電所
地域:中東


課題

中東のある発電所では、競合他社が高圧タービンバイパス用に設置したバルブの浸食と亀裂が深刻な問題となり、バルブを交換する必要に迫られていました。バルブの腐食がひどいだけでなく、バイパス制御フィードバックの信号の不具合によってバルブ出口の蒸気が高温となり、ユニットがトリップする結果となっていたのです。このお客様は、プロセスの制御性を高めて発電所の停止を防ぐための信頼できるソリューションを求めていました。発電所のメンテナンスおよび停止の期間を短くすれば、お客様の顧客に対する契約上の義務を履行でき、利益を最大化することができます。

解決方法

IMI CCIのチームはすでにアフターマーケットの良好な継続的関係を構築しており、同発電所の別の場所に設置されていたIMI CCI減温バルブも調子よく稼働していました。IMI CCIのソリューションに対する信念や長年にわたって培われた信頼が功を奏し、交換プロセスの初めからチームはお客様と密接に仕事をすることができました。エンジニアとバルブドクターは発電所を訪れ、問題を完全に把握して、既存の製品や以前の問題、さらにバルブの稼働についてデータと情報を収集しました。
バルブドクターによって、競合他社の既存のバルブの問題は発電所の始動時の湿り蒸気と熱応力が原因であることが分かりました。高いレンジアビリティの要件によって蒸気の減温が十分でないことも、既存のバルブがうまく機能しない主な原因でした。お客様への最終的なバルブ交換ソリューションは、バルブ出口を64インチから44インチに小さくするディフューザーのほか、湿り蒸気に対応するための素早い交換機能を備えた特殊な内部内弁、さらに低流量の条件用の蒸気補助ノズルと通常の流量条件用の標準ノズルを搭載した特殊な減温システムから構成されていました。 
チームが推奨したこの全体的なシステムソリューションは、お客様が求めていた信頼性を実現。他の機能によって、停止時間とメンテナンスコストの削減に成功しました。​


販売に関するお問い合わせ

南北アメリカ

imiccisales.americas@imi-critical.com​​​

アジア太平洋​
中国
ヨーロッパ​
インド
中東・アフリカ
その他の地域​

PDFのダウンロード

​> IMICCI_CS01017.01-17en_Ext_AW_Dig.pdf

発電所におけるタービンバイパス弁の交換