タービンバイパス弁の代替

IMI CCI、アジアの発電所における競合他社製タービンバイパス弁の代替で問題解決スキルを実証

 

お客様:多国籍エネルギー企業
地域:アジア太平洋


課題

アジアのある複合サイクルガスタービン発電所は、競合他社製の高圧タービンバイパス弁における内弁およびディフューザーの絶え間ない浸食の問題を解決する必要性に迫られていました。競合他社のバイパス弁の問題は、発電所が基準となる負荷から毎日のサイクリングに移行し、設置されたバイパス弁が頻繁な始動と停止に対応できない場合に発生していました。ディフューザーの既存の設計を全面的に改良するというメーカーの試みは、さらなる浸食を防ぐことはできず、メンテナンスと運転のコスト増大を招く結果となりました。そこで、プラントオペレーターは、弁を交換するよう顧客にアドバイスしたのです。

プラントオペレーターは2016年初めに、IMI CCIに浸食の問題を解決し、既存の配管サイズに合う解決策を練るよう依頼しました。 

解決方法

IMI CCIは、毎日のサイクリングのために特別設計されたBTG©技術を用いたVLB弁を推奨しました。お客様にとっての付加価値は、当社の問題解決能力とお客様の要件にぴったり合わせてバルブの設計をカスタマイズする能力にありました。当社のバルブドクターチームは、お客様の依頼にカスタム設計のVLBで答えたのです。このソリューションは、追加の減圧ステージを組み込み、既存のバルブのサイズに合わせて(お客様サイドでの配管の変更を可能な限り回避)、メンテナンスの楽な構成を実現するというものでした。バルブの中心線からコンデンサーまでの距離が短いため、ソリューションにはノズルを追加して過熱低減をさらに図ることになったのです。

このプロジェクトによって、極めて工学的に作られた当社のバルブと問題解決能力の組み合わせが、お客様に価値をもたらすことが実証されました。​​

販売に関するお問い合わせ

南北アメリカ

imiccisales.americas@imi-critical.com​​​

アジア太平洋​
中国
ヨーロッパ​
インド
中東・アフリカ
その他の地域​

PDFのダウンロード

IMICCI_CS01010.01-17en_AW_Dig.pdf
タービンバイパス弁の代替