製品 - ​​​​​​​​​高信頼性圧力保護システム(HIPPS)​

​​​​​​​​​HIPPS(HIPSとも呼ばれる)システムは、過圧イベントの際、渦流を逃がす代わりに危険高圧の源流を分離するために特別に開発された一連のコンポーネントです。HIPPSは、既存の安全弁の安全性能と同等またはそれを超えることを目的に、ANSI/ISAやIEC規格に則った高品質の設計が施された、独立型信頼性の安全計装システムです。​

​概要ビデオ​​

 

​主な特長

イニシエータ/プロセスセンサ
イニシエータは、電子式または電気機械式のいずれかの圧力スイッチまたは発信器で、イベントを検知するためプロセス変量(PV)を測定します。プログラム可能な電子装置がイニシエータからの信号を受け、規定のロジックを実行し(ボーティング、診断、パーシャルストロークテストのルーチン)、最終エレメントを連動させます。​
最終エレメント
最終エレメントは、指令を受けて暴露から隔離する物理装置で、主としてはフェールセーフバルブです。スプリング式で、油圧式または空圧式のアクチュエータとソレノイドを使用して開閉します。最終的な構成は所望のフェールセーフレベルに規定されます。IMI CCIのHIPPSは、1 out of 2構成(連続する2台のバルブ)のデュアル装置として使用することができ、各バルブが、SIL 3認証の冗長的ロジックソルバーから2つの独立した出力で動く1つ、あるいは2つのソレノイド(1 out of 2ロジック)を有しています。​

メリット​​

Safety安全計装システム(SIS)として、HIPPSはそれぞれのアプリケーションに対して徹底的な調査を必要とします。SISの主な測定基準は安全度水準(SIL)です。SILは、所定の許容リスクを実現するために必要なリスク低減の度合いを示し、リスクの度合いはユーザーのリスク解析で評価します。HIPPSのすべてのサブシステム(センサー、ロジックソルバー、最終エレメント)は、コンポーネントと併せて完全ループの総合的SILが達成できるように設計されています。国際規格IEC 61508は、安全リスクを軽減するために使用される計装システム設計の枠組みを規定しています。一方、IEC 61511およびANSI/ISA S84.00.01は、プロセス産業におけるSISの適用を意図しています。

精度と性能プロセス産業においてHIPPSのような過酷負荷条件下のアプリケーションを有する場合、製品の完全性が不可欠であるため、IMI CCIには、その課題に対応できるエンジニアリング力と製品があります。弊社のカスタム設計されたソリューションは、システム全体の完全性レベルが達成されるよう、業界をリードする分析技術を採用しています。特別な機器を使用して安全要求事項をクリアし、運転時間を最大化します。標準的な診断機能には、最終エレメントのサブシステムの入力信号監視、ロジックソルバー診断および自動パーシャルストロークテスト(該当する場合)を含みます。













​プロセス変量の測定

圧力は、HIPPSシステムにおいて最も一般的に測定されるプロセス変量(PV)です。電子技術の発達により、従来、入力センサとして使用されてきた昔ながらのディスクリートスイッチよりも、アナログ発信器を使用する方がより好適になりました。アナログ発信器の利点は、継続的にモニターが可能な点と発信器の運用性を容易に観察できる点で、それによりイニシエータに関連する不具合イベントの発生可能性を低減できます。大半のHIPPSのアプリケーションでは、フィールドデバイスとして2台または3台の発信器(1 out of 2または2 out of 3ボーティングロジック)が必要です。冗長入力を使用することで、システム設計者がHIPPSに診断機能を組み込むことが可能となり、現場入力要求における不具合の可能性を大幅に低減することができます。実用可能な場合は、独立したプロセス接続や多様な圧力計など他のオプションも推奨されます。​

​ロジックソルバー

HIPPSロジックソルバーのすべてのハードウェアは、IEC 61508に規定されている通り、SIL3またはSIL4の性能要件に適合するように設計され、認証されています。さらに、ANSI/ISA S84.00.01-1996およびIEC 61511では、HIPPSの安全ロジックを、基本的なプロセス制御および下層保護システムとは独立させることを推奨しています。ロジックソルバーは完全に空気圧駆動のロジックソルバー(電力消費が不要)や半導体、またはプログラム可能な電子装置(PES)としての提供が可能ですが、IMI CCIが推奨するソリューションでは、高いレベルの自己診断、および、稼働率とフォールトトレランスの強化を実現できるPESを使用します。​

診断

IMI CCIは、オンラインテストを実施することで、起こり得る安全ループの不具合を検知できるオンデマンドの最新式診断システム(ハードウェアおよびソフトウェア)を提供します。自動テストの主な特徴は以下の通りです。
  • 一切の生産ロスを発生させずに最終エレメントループの状態を確認します。
  • どんな時でも安全機能を妨害することはありません。
  • フルストロークテストのインターバルまで拡張が可能です。
  • バルブ固着の可能性を低減します。
  • 最終エレメントの特性と各テストで取得できるプロファイルの比較をすることができます。

 



​オプション​

エンジニアリングの完了後、お客様が要求する完全性レベルに適合するように、幅広い取扱製品の評価が行われます。ここで、IMI CCIと共に仕事をする最大のメリットを感じていただけるはずです。弊社製品のメリットは、バルブのサイズやデザインに留まらず、他のオプションに取り入れられた技術にもあります。
  • 急速閉弁の1/4回転式アクチュエータ
  • ストロークエンドでの機械的衝撃が無い、ダンパ無しバルブ設計
  • バルブ建設の際、基本的には、ピグによるパイプライン検査の実施が可能
  • フルボア型のバルブで、全開時の圧力損失がほとんど無し​​​

最新ニュース

バルブドクター プログラムが誕生20周年を記念
2019年9月16日
従来の常識にとらわれないオイル&ガス産業のための卓越したサポート
2019年7月01日
INWED19
2019年6月17日
IMI CCI、DUG Rockiesカンファレンスでチョーク弁を紹介
2019年6月04日
IMI Critical Engineeringの部門マネージングディレクターにJackie Huが任命される
2019年3月07日
Roy TwiteがIMI plcのCEOとしてMark Selwayの後任に
2019年3月05日
IMI Critical、Safety Summitを開催
2018年9月21日
フィールドサービスエンジニアの安全を守る新しいHSEハンドブック
2018年8月10日
安全第一のIMI Critical
2018年7月31日
IMI InterAtivaのシリーズRKバルブがの耐火認証を取得
2018年7月24日
IMI CCIが地域のVPP Safety Summitに参加
2018年6月08日
ルーマニア最大手のお客様がIMI Remosaを推奨
2018年5月10日
IMI Criticalのバックオフィス機能がリーン方式でより効率的に
2018年5月04日
流動接触分解アプリケーションに遮断弁を採用
2018年4月30日
IMI Critical韓国支社、世界クラスのLEANパフォーマンスまであと一息
2018年4月27日
IMI役員らがIMI Criticalの事業を視察
2018年4月25日
IMI STIの新しいポジショナー ソフトウェアツール
2018年2月08日
緩みのないスコッチ ヨーク機構の導入開始
2018年1月16日
IMI Critical韓国、ヨーロッパでアクチュエータ販売の許可取得
2017年9月20日
IMI Criticalが韓国Doosan社の「年間最優秀サプライヤー賞」を受賞
2017年9月19日
100人目のバルブドクターがIMI Criticalのプログラムを修了
2017年9月13日
IMI Criticalのカリフォルニア施設が最高レベルのHSE認定を取得
2017年9月12日
高耐久性アクチュエータを発表
2017年4月21日
AB6350弁を発表
2017年4月06日
100DPC Multi-trimを発表
2017年3月17日
840GS制御弁を発表
2016年12月22日
ADIPEC 2016でIMI Criticalの新技術を展示
2016年10月25日
4カ国で新卒者がIMI Criticalに入社
2016年9月22日
ノルウェーで開催のONS 2016にIMI Criticalが出展
2016年8月16日
IMI Critical、中国プラントを青浦区に新設
2016年7月27日
IMI CCI韓国、2,000日連続「損失時間事故」ゼロ達成
2016年7月25日
ボンのロシア経済局がIMI Z&Jドイツを訪問
2016年7月11日
IMI Z&Jデューレンが近代的オフィスに移転
2016年7月08日
IMI Critical Engineering、MRC Solberg & Andersonと戦略的パートナーシップを締結
2016年4月05日
IMI Way Day 2016の日程を発表
2016年3月01日
NEW IMI Eye - 第4版
2016年2月26日
IMI Criticalが中国のビジネス拠点を集約
2016年1月20日
IMI CCIスイスが新世代安全弁の認証を取得
2015年12月18日
IMI CriticalがDragonチャレンジに立ち上がる
2015年11月30日
IMI STIが新製品のCRCC承認を取得
2015年11月24日
IMI Truflo MarineがEngineering Technology and Innovation Exhibition 2015に参加
2015年11月23日
IMI CCIスウェーデンが3大陸における新規契約を獲得
2015年11月23日
IMI Critical Engineeringが新しい石油化学部門トップを任命
2015年11月05日
IMI CCIチェコが「Safe Enterprise(安全な企業)」の認定を取得
2015年11月03日
IMI Criticalが中国における90mRMBの投資を発表
2015年10月29日
IMI CCI SriCityが地域安全賞を受賞
2015年10月27日
アバディーン新施設のグランドオープニングに主要顧客が出席
2015年10月23日
IMIグループ会社、お客様のために「一丸となって取り組む」
2015年10月02日
IMI CCI Sri City、NTPCの承認を取得
2015年10月01日
IMI Critical Engineering、Valve World Expo Asiaでイノベーションを披露
2015年9月28日
NexenがIMI Ortonを表彰
2015年9月25日
IMI Critical Engineering、ジュバイル修理センター新設を祝う
2015年9月23日
IMI CriticalとIMI Precision、Valve World Expo+Conference Asia 2015で協力
2015年9月21日
IMI Critical Engineering、新しくジュバイル修理センターを開設
2015年9月18日
IMI CCIインドが初の1050MWタービンバイパス弁を製造
2015年5月20日
IMI Critical Engineering、史上最高額の契約を獲得
2015年2月18日
新しいヒューストン施設がオープン
2015年2月12日
IMI Critical、Bopp & Reutherの買収を完了
2015年1月02日
IMI Critical、 Valve World 2014で全ブランドを披露
2014年12月11日
IMI STI、イタリアのプラントを2倍に拡張
2014年10月20日

資料のダウンロード


お問い合わせ先

​​
グローバルセールス:
製品 - ​​​​​​​​​高信頼性圧力保護システム(HIPPS)​